• トップページ
  • 新着情報
  • プラップノードと塩尻市観光協会が包括的業務提携 デジタルPRで塩尻市の観光活性化を支援

TOPICS

新着情報

新着情報トップ

2020/06/11リリース

プラップノードと塩尻市観光協会が包括的業務提携 デジタルPRで塩尻市の観光活性化を支援

プラップノード株式会社(本社:東京都港区、代表取締役CEO:渡辺 幸光)と、一般社団法人塩尻市観光協会(所在地:長野県塩尻市、会長:塩原 悟文)は「塩尻市地域の観光活性化を目的としたデジタルPRの活用支援」に関して包括的な業務提携を行いましたことを、ここに発表いたします。

■業務提携に至った背景
塩尻市の観光活性化をさらに推進したい塩尻市観光協会と、まだ全国では知られていない塩尻市の魅力的な観光情報を広めたいプラップノードの想いが一致し、今回の業務提携に至りました。
新型コロナウイルス感染症への対応が観光という概念自体の変革を加速させています。プラップノードによるデジタルを活用した広報支援、デジタルPRのノウハウ提供を行うことで塩尻市の観光の活性化を実現します。

■プラップノードについて
プラップノードは、デジタルトランスフォーメーション(DX)を通じて従来の広報活動を最適化するというビジョンを掲げ、株式会社プラップジャパンと株式会社ショーケースにより、2020年3月に設立された会社です。プラップジャパンが50年かけて蓄積してきたコミュニケーションへの知見と、ショーケースの持つWEBマーケティング×テクノロジーを活用し、革新的なデジタルPRソリューションを開発・提供します。

■塩尻市観光協会について
塩尻市は、長野県中部に位置する人口6万7千人(2020年4月現在)の地方都市です。
観光地としての知名度はそれほど高くありませんが、日本随一の品質を誇るワイン用ぶどうとそのぶどうを使ってワインを作る市内17(2020年4月現在)のワイナリー、江戸時代の街並みを色濃く残す奈良井宿、漆器の町として知られる木曽平沢漆工町、日本三大遺跡の一つである平出遺跡、近年はアニメやドラマの聖地として名が知られる高ボッチ高原、テレビ番組で度々紹介されるローカルグルメ「山賊焼」など、豊かな観光資源を抱えるまちです。
塩尻市観光協会は1955年の発足以来、そんな塩尻市の素晴らしさをより多くの方々に知っていただき、一人でも多くの方々に塩尻市にお越しいただくために、塩尻市の観光事業の発展に努めてまいりました。
また2016年には一般社団法人化を行いました。

【プラップノード株式会社 会社概要】
会社名:プラップノード株式会社
所在地:東京都港区赤坂1-12-32アーク森ビル33階
設立:2020年3月2日
代表者:渡辺 幸光
事業内容:デジタルコミュニケーション領域におけるソリューション提供
URL:https://www.prapnode.co.jp/

【塩尻市観光協会 概要】
協会名:一般社団法人塩尻市観光協会
所在地:長野県塩尻市大門一番町12-2 4階
設立:1955年
代表者:塩原 悟文
URL:https://tokimeguri.jp/

本件に関するお問合わせ先
プラップノード株式会社
担当:渡辺
TEL:03-4570-3150
MAIL:info@prapnode.co.jp

一般社団法人塩尻市観光協会
担当:小嶋・鳥羽
TEL:0263-88-8722 FAX:0263-52-1548
info-shiojirikanko@tokimeguri.jp