TOP MESSAGE

トップメッセージ

 

代表取締役社長

鈴木勇夫

「世の中のあらゆる関係性を良好にする。」
これが、私たちプラップジャパンのミッションです。

モノやサービスのカテゴリーが細分化し、人々の価値観が多様になったいま、企業やブランド、そして人々との間に存在する無数の「関係性」は、これまでになく複雑で、捉えにくいものになっています。こうした状況を丁寧に読み解き、良好な関係へと導いていくことがPR会社の役割であり、当社が提供するコミュニケーションサービスです。

良好な関係づくりを実現するためには、さまざまな課題と向き合う必要があります。そのひとつが、「常識」という価値観です。私たちの社会には、普遍的な常識が存在する一方で、凝り固まった常識や、限られたコミュニティでしか通用しない常識も存在し、それらは時として企業が発信するメッセージにとっての障壁となることもあります。

だからといって、旧来の常識をないがしろにしたり、特定の常識を否定したりすることが正しい道だとは思いません。たいせつなのは、目の前の常識をしっかりと受け入れた上で、そこに日々変わりゆく「あたらしい常識」を、すこしずつ積み重ねていくこと。「こんな考え方もありますよね」と各々の立場を認める努力を厭わない、誠実で寛容なアプローチではないでしょうか。

いま、コミュニケーションの世界は、変革の時を迎えています。知名度やスペックだけではモノが売れない。ふとした拍子にブランドの信頼が崩れ去る。ただ「伝える」だけでは不十分で、その先の誰かに「伝えてもらう」設計にまでも目を配らなければならない。こうした環境にあるからこそ、世の中の機微を繊細に汲み取り、それに寄り添うPR発想のコミュニケーションの役割は日に日に大きくなっていると感じます。

私たちプラップジャパンは、これからも「世の中のあらゆる関係性を良好にする」というミッションを軸にビジネスの領域を広げます。そして、豊富な実績と幅広い専門領域が生み出す革新的なサービスでコミュニケーションの質を高め、お客様や社会の期待を超える成果を生み出していきます。