沿革

1970

9月9日 港区南青山3丁目に設立
矢島尚 社長就任
パブリシティ、編集制作

1973

渋谷区渋谷2丁目に移転
文化事業スタート

1978

渋谷区桜丘町2丁目に移転

企画開発部(のちのイベント・マーケティング部に)設立
イベントの企画・運営、PRコンサルティングスタート

1988

渋谷区道玄坂にスタッフルームを設置

公共企業体広報部設立
クライシス対応スタート

1991

渋谷区南平台に国際部専用ルーム設置

国際部 設立
外資系企業へのサービス拡大

1993

渋谷区桜丘町3丁目に移転

1995

渋谷区渋谷3丁目に移転

1997

PR部、国際部→「コミュニケーション・サービス本部」1〜5部イベント・マーケティング部・編集制作部→「クリエイティブ・サービス本部」 営業企画本部・管理本部  新設
専門別(IT、ファッション、ライフスタイル、食品、金融、医療・医薬、コーポレート 等)サービススタート

1999

渋谷区渋谷2丁目に移転
コミュニケーション・コンサルティングスタート(メディアトレーニング、クライシストレーニング、ファシリテーション・トレーニング、広報セミナー 等)

2002

世界第2位の規模で誇る60社以上の広告、PRの関連企業が参画するWPPグループと資本提携、同グループの一員である「オグルビーPR」と業務提携

社内情報共有を目的に情報開発室を新設

2003

コミュニケーション・サービス本部 第5部、第6部を新設

2004

金融プロジェクトチームを新設

2005

1月

北京普楽普公共関係顧問有限公司と業務委託契約を締結

7月8日 JASDAQ上場

2006

5月

「戦略企画本部」を新設

コミュニケーションサービス本部内に「ヘルスケアコミュニケーション部」、「ファイナンシャルコミュニケーション部」、「ITコミュニケーション部」を新設

社内教育・研修機関として「プラップ大学」を新設

11月北京普楽普公共関係顧問有限公司を連結子会社化

2007

11月

杉田敏 社長就任 (矢島尚は会長就任)

12月

コミュニケーションサービス本部内に「コンシューマー・コミュニケーション部」、「コーポレートコミュニケーション部」、「行政広報部」を新設

2008

3月

情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)の国際標準規格「ISO/IEC27001」を全社で取得

4月

社外向け教育機関「プラップ広報塾」を開設

2009

3月

株式会社旭エージェンシーを連結子会社化

12月

北京博瑞九如公共関係顧問有限公司を連結子会社化

2010

4月

慶応義塾大学にてプラップジャパン寄附講座開講

9月

コミュニケーションサービス本部内に「DI(デジタルインフルエンス)事業推進室」、「WEBコミュニケーション部」を新設

2011

7月

デジタルPRの総合ポータルサイト(Digital PR Platform(デジタルPRプラットフォーム)」のサービス開始

12月

港区赤坂1丁目アーク森ビルに移転

2012

12月

ウィタン アソシエイツ株式会社を連結子会社化

2014

1月

人材育成を管理する「HRD部」を新設
※Human Resource Development

9月

ネット危機管理支援パッケージ「ソーシャルリスク対策 支援プログラム」提供開始

2015

1月

ランサーズ株式会社と業務提携による「クラウドソーシングPR」をスタート

3月

プラップジャパングループ 世界50カ国、67のPRエージェンシーが加盟するPROIグループに加盟

7月

日本最大級のオンライン・セレブリティ・ネットワークを保有する3ミニッツ社と業務提携

11月

鈴木勇夫 社長就任

2016

4月

LGBTへの理解・支援を広げるコミュニケーションサービスの開発を視野にプラップジャパンと特定非営利活動法人・虹色ダイバーシティが共同プロジェクトを開始

5月

中国/アジアパシフィック地域向け広報・PR事業を本格展開

9月

戦略企画本部内に「デジタル戦略グループ」を新設

10月

日本初の企業のLGBTに関する取り組み評価指標「PRIDE 指標」にて「ゴールド」を受賞。当社ダイバーシティ宣言は「ベストプラクティス(Policy:行動宣言部門)」に選定