プラップジャパン メディアトレーニング部 部長の井口明彦が厚生労働省で講演しました

2017年9月12日(火)、当社・メディアトレーニング部 部長の井口明彦が厚生労働省の広報力向上研修にて「危機管理広報」について講演しました。

この研修は、情報発信機能の強化を目的として厚生労働省の職員を対象に行われたものです。講義では、「メディア側の論理」と「会見を開く側の論理」の両面を示しながら、報道が過熱していくメカニズムを論理的に解説。民間企業や行政機関による緊急記者会見の事例を示し、「スムーズに進んだ会見」と「世の中から糾弾された会見」とのターニングポイントがどこにあったのかを具体的に説明することによって、「緊急時の広報対応の勘所」を分かりやすく講義しました。


2KIMG0008.jpg

一覧へ戻る