社内コミュニケーション

企業の組織力向上を図るためのプログラム・コミュニケーションをサポートします

プラップジャパンでは社内におけるコミュニケーション問題を解決するために、分析や調査に基づき組織の問題を顕在化させ、解決策に向けたコミュニケーションプログラムを提供し、企業の組織力向上を図ります。

社内コミュニケーション

社内コミュニケーションの一例

  • 現状差異分析
    社内の意識調査や社員へのヒアリングなど、現状の差異を分析することで企業がもつ課題を明確化します。
  • ETF(Employee Task Force)
    企業の目的遂行を妨げる「社内のバリア」を発見し、経営陣と共有することで組織力を強化するプログラムです。一般社員で組織されたチームが社員インタビューで問題点を洗い出し、経営陣にプレゼンテーションを行います。 プラップジャパンは、コンサルタントとしてプロジェクト進行管理やインタビュー方法・プレゼンテーションのレクチャーなどを実施します。
  • 課題解決に向けたワークショップ
    調査分析に基づく課題抽出および他社事例などを踏まえ、現実的かつ具体的な解決策を討議し今後の取り組みをまとめます。
  • コミュニケーション活動方針の策定
    分析結果を基に、推進戦略、フロー構造の策定など現場のコミュニケーションをお手伝いします。

前のページに戻る