FAQ

PRについて

Q.PRについて教えてください

A.
PRは、パブリック・リレーションズ(public relations)を省略した言葉で、本来は「大衆、公衆、ひいては社会との関係性を向上する、良好なものにする行為」という意味です。ただ今日、単に「知ってもらう」、「理解してもらう」、「関心をもってもらう」ことの促進につながる多くの行為の総称としてPRという言葉が使用されることが多くなっています。もちろん広義には、そうした行為も本来のPRという言葉に含まれるのかもしれませんが、当社ではPR=本来のPublic Relationsを原点として、業務を行っています。

Q.PR会社は広告会社とどのように違うのですか?

A.
広告会社が広告スペースを活用した主体的な情報発信を主な活動領域にしているのに対し、 PR会社はマス・メディアやインフルエンサーへの情報提供や折衝を通じて、客観的で説得力の高いコミュニケーション活動を支援しています。また、広告の仲介による手数料を収益の柱とする広告会社と異なり、PR会社は課題を解決するための活動を柱にサービスを展開しています。

サービス内容について

Q.プラップジャパンが得意とするサービスは何ですか?

A.
総合PR会社として、企業のマーケティングをサポートするマーケティングPR、企業のイメージ向上のためのコーポレートPR、企業のIR活動をサポートする活動、企業の買収・合併などを成功に導くM&Aコミュニケーション支援、メディアトレーニング、危機管理、官庁・自治体・公益法人PRと多岐にわたるサービスを提供しています。幅広いサービスを通じて、数多くの経験と知見を蓄積していますので、分野を問わず、課題解決のための戦略立案から具体的なプログラムの実行までの一貫したサービスの提供が当社の強みとなっています。

Q.広告だけではモノが売れなくなったと聞きます。PRで販売促進に貢献できることは何ですか?

A.
PRは、消費者の購買活動に影響力を及ぼす活動としても関心が高まっています。プラップジャパンでは、マーケティングPRサービスとして、新しい価値観を社会に根付かせ、市場を創出する啓発PRにおいて数々の実績を挙げています。マス・メディアの活用に留まらず、ネット関連メディアやソーシャルメディアなどもあわせ、各種マーケティング活動と連動した包括的なPR活動を支援します。

Q.危機管理の強化を考えています。どのような支援をしてもらえますか?

A.
危機管理には平常時、発生時、収束時の3つの活動があり、プラップジャパンではいずれの活動においても数多くの支援実績があります。平常時には、危機発生時の対応をまとめたマニュアル策定のほか、実践的なクライシストレーニング、幹部社員への啓発レクチャーなど、多角的なサービスを提供しています。発生時には、状況分析から、事態収束に向けた対応のコンサルティング、実行まで、スピーディーな対応を行うとともに、収束時には、今後の信頼回復、再生を見据えた計画の立案、実行など、危機管理に際しては、どのフェーズにおきましても経験豊富なスタッフが適切なサポートを実施します。

Q.ブランド構築とPR業務はどのように関連していますか?

A.
継続的なPR活動はブランドの信頼感の醸成に大きく寄与します。プラップジャパンでは、企業や商品の価値を理念やデザインで定義するブランドの開発から、世の中へ発信し、ステークホルダーとの絆を深め浸透を図る各種アプローチまで、ブランディング活動を総合的にサポートしています。

Q.プラップジャパンのクリエイティブサービス部門はイベント・編集制作専業の会社とどこが違うのですか?

A.
プラップジャパンのクリエイティブサービスは、企業からのご要望に対し、当社のPRサービスと連携することでワンストップ体制のもと、複合的な課題に対応可能なサービスをご提供できる点が特長となります。印刷ツールやウェブサイト、イベントなどを通じ、いかにターゲットへメッセージを伝えていくかご提案します。

Q.中国でのPRを積極的に進めたいのですが、対応できますか?

A.
中国におけるPRは、グループ会社の北京普楽普公共関係顧問有限公司(プラップチャイナ)を通じて対応しています。他社に先駆けて日本のPR会社として初の中国進出を果たしており、15年以上に渡る実績を有しています。日本とは異なる中国メディアの慣行・特性を熟知した上で、戦略立案から効果的な活動まで広報業務全般について日本語をベースに支援することができます。中国での危機管理業務について経験が豊富なことも特長です。

Q.PR業務を行うにあたって特に関係の深いメディアはありますか?

A.
プラップジャパンの強みは、総合PR会社としてあらゆるメディアに対応できる点です。当社では、国内企業、外資系企業問わず、多岐に渡る業種や規模のお客様を支援しています。経済メディアからファッション雑誌、テレビ番組、インターネット関連メディアまで、さまざまなメディアの情報を日々蓄積、共有する仕組みを活用し、メディアとのネットワークや信頼関係の構築に努めています。また、ソーシャルメディアの影響力を勘案し、多角的な視点でのメディア戦略を立案しています。

Q.サービスの品質をどのように高めているのですか?

A.
お客様を担当させていただくスタッフ一人ひとりのサービススキルを向上させるため、社内教育機関「プラップ大学」を設置しています。年間約50回に及ぶ講座や実践トレーニングが開講され、PRのプロとして問題解決思考を備えた専門性の高い人材を育成しています。また、業界やPR手法問わず、数多くの活動事例を蓄積しており、社内のナレッジとして成功条件やよりよいサービスについて共有する体制を構築しています。

Q.コミュニケーション活動の評価はどのように行うのですか?

A.
評価の指標はお客様と協議のうえ決定します。評価方法は、記事の露出数や広告費に換算した指標、露出内容の調査に基づく評価、消費者の意識調査、メディア関係者の聞き取り調査など各種ございます。当社では活動の目的に沿った評価方法を設定することが重要と考えています。

Q.プラップジャパンでは、どのような業界に対する実績がありますか?

A.
42年の歴史を持つプラップジャパンでは、様々な業界のお客様に対する実績がございます。詳しくは「実績のある業界」をご覧ください。

Q.どのような契約形態がありますか?

A.
「リテイナー契約」(年間をベースとした長期契約)、「プロジェクト契約」(主に短期契約)の2つの形態があります。私たちはお客様のニーズや環境に応じて適切な形態を提案させていただきます。

(1)リテイナー契約
コミュニケーションサービスにおいて標準的な契約形態で、長期的なパートナーシップをもとにお客様のコミュニケーション上の問題解決を総合的に図る業務に向いています。原則として毎月定額のフィーをお支払いいただきます。(活動経費は別途)

(2)プロジェクト契約
主に記者発表会やイベントへの取材誘致、メディアトレーニング、危機管理プログラム、広報セミナーなど短期間の単一のプロジェクト業務に向いています。活動完了時にプロジェクトフィーと活動経費(イベント経費など)をお支払いいただきます。

Q.費用はどのような仕組みになっていますか?

A.
担当スタッフがサービスやノウハウを提供する時間に準じた料金(フィー)設定をしています。リテイナー契約の場合、サービス内容や依頼内容に基づいて、担当チーム(平均3名程度)を編成し、担当スタッフの時間単価と想定活動時間をもとに固定の月額フィーを設定します。またプロジェクト契約の場合も原則として同様の考え方で設定します。

Q.リテイナー契約には通常どのようなサービスが含まれますか?

A.
私たちのサービスは社内外を対象とした包括的なコミュニケーション戦略の立案から、その実施に至るまで多岐にわたっております。総合PR会社としての豊富な実績とリソースを活かし、多様化するお客様のご要望に柔軟に応ずる体制を整え、契約内容もそれに準じています。以下は標準的な契約に含まれる活動内容の一部です。

<一般的なコミュニケーションサービスの例>
(1) コンサルティング業務 コミュニケーション戦略の立案、発表方法の企画立案・アドバイスなど
(2) 広報資料作成業務 プレスリリースや報道機関向け資料の作成・アドバイスなど
(3) メディア対応業務 プレスリリースの配信、メディアからの問い合わせ業務、メディアとの折衝、対象メディアのリスト管理など
(4) レポート業務 露出記事等のモニタリング、活動成果のまとめ・課題の抽出など
*契約内容により異なります

この活動のほか、イベントの企画運営、ウェブサイト・広報ツールの制作、メディアトレーニング、危機管理対応、社内広報などの活動を通じて、企業のコミュニケーション活動を総合的に支援します。

メディアトレーニングについて

Q.プラップジャパンのトレーニングの特長は?

A.
トレーニングの専任チームが数多くの実績・ノウハウを基に運営し、企業のニーズに応じたプログラムを提供いたします。模擬インタビューや模擬会見など各種トレーニングを実施するための専用スタジオ、業務用撮影機材も完備しています。

Q.トレーニングの進行プログラムは?

A.
トレーニングのプログラム内容は、企業のニーズをお聞きした上で、その都度カスタマイズしておりますが、1名様対象に1日かけて講義と2回のシミュレーショントレーニングを受講頂くプログラムが基本となります。

Q.シミュレーショントレーニングの内容は?

A.
リアリティのある状況設定を綿密に立てた上で、本番さながらのシミュレーション(模擬インタビューまたは模擬会見等)を実施します。シミュレーションの様子はカメラで撮影をし、シミュレーション終了後にビデオ映像をプレイバックし問題点を自己認識して頂きます。弊社の専門家が受講者の問題点をクリティークで指摘すると同時に自己修正が出来るようにアドバイスします。

Q.メディアトレーニングの実施体制は?

A.
実施までの準備期間は、コーディネーターが企業の要望や広報上の問題点を伺い、トレーニング内容を企画します。実施当日は、トレーナー(講義、全体進行を担当)、クリティーク役(シミュレーションにより抽出された問題点の指摘、批評、アドバイス)、記者役(模擬インタビューや模擬会見のインタビュアー)、オペレーション(映像・音声の操作)というスタッフにより運営いたします。

Q.メディアトレーニングを自社で行うことは可能?

A.
ご要望により、ご指定場所に出張して実施することも可能です。この場合、機材運搬費を別途承ります。

Q.メディアトレーニングの費用はいくらですか?

A.
シミュレーショントレーニングの種類、回数、トレーニング受講者数をお伺いした上で、御見積いたします。

Q.トレーニングを実施するまでの準備期間は?

A.
標準的なケースでは3週間の準備期間をいただいております。

Q.トレーニング実施の準備には、何か必要ですか?

A.
事前に企業環境を細かに分析し、コミュニケーション上の課題を抽出する必要があります。そのために、事前アンケート(2種類)をお願いしております。トレーニングを受講されるご本人様にご記入いただくアンケートと広報担当者様にご記入いただくアンケートです。

Q.企業の秘密情報の取り扱いは?

A.
実施に際しては、必要に応じて「秘密保持契約」を締結いたします。

Q.メディアトレーニングの効果は?

A.
目的に応じた実戦形式のシミュレーション(模擬インタビュー/模擬会見)を経験する事によりマスコミ対応のノウハウを取得する事が出来ます。また、シミュレーション実施時のビデオ映像を客観的に受講者が見るため、ご自身の問題点を自己認識し修正する事が出来ます。

株式・配当情報について

Q.発行済み株式総数は?

A.
4,679,010株(2012年8月31日現在)です。

Q.買単位は何株からですか?

A.
100株からです。

Q.配当金が届かないのですが、どうなっているのですか?

A.
当社株式事務に関する一般的なお問い合わせ、お手続きに必要な書類のご請求、また特別講座で管理されている株式に関するお問い合わせ等は、下記までお問い合わせください。
【三菱UFJ信託銀行 証券代行部 テレホンセンター】(オペレーター対応)
フリーダイヤル0120-232-711
ご利用時間:月曜日〜金曜日 9時00分〜17時00分
なお、三菱UFJ信託銀行のホームページでも「株式事務のご案内」がございますので、ご参照ください。
→株式事務のご案内はこちら

そのほか、住所、氏名のご変更、配当金受取方法のご指定、単元未満株式の買い取り請求などの手続きに関するお問い合わせ、手続きに必要な書類のご請求などはお取引の証券会社までご連絡ください。

Q.上場したのはいつですか?

A.
2005年7月8日にジャスダック証券取引所に上場しました。

Q.証券コードは何番ですか?

A.
2449です。

Q.配当金の権利確定、支払時期はいつですか?

A.
株主配当金は毎年8月31日現在の株主名簿記載の株主に11月(定時株主総会終了後)お支払いたします。なお、中間配当は現在のところ実施しておりません。

Q.電子公告を見ることはできますか?

A.
プラップジャパンの電子公告はこちらです。

Q.株主優待制度はありますか?

A.
現在のところ、実施しておりません。